コツコツがんばるセミリタイア計画

いろいろありまして2025年にセミリタイアを計画してます。JALマイルを貯めること、株主優待、懸賞が趣味で、お得なことを考え実行することが大好きです。最近FP3級に合格しました。現在FP2級の勉強中です。

2015年ハワイ⑤~早朝ダイヤモンドヘッドツアーの巻

どんぐりです。

 

不定期投稿ハワイ旅の第5回目です。

前回は、シェラトンワイキキのお部屋について書きました。

 

jitakugaitibann.hatenablog.com

 

 目次

 

今回は早朝ダイヤモンドヘッドツアーです。

JALのHPから申し込みました

 

tabisite.jalpak.co.jp

現地のツアー単独で申し込めるんですよ。

見てみるといろんなツアーがあります。

どんぐりは、早朝にダイヤモンドヘッド行くのが夢だったので、このツアーにしました。

そんなに高くなくて、1人30ドルくらいだったような。

ホテルまでの往復の送迎と、帰りのバスで出来立てのマラサダ(揚げたドーナッツのような感じ)とペットボトルのお水がいただけます。

朝6時にシェラトンワイキキのバス乗り場に集合だったため、5時くらいに起床、前日に買っておいたサンドイッチやフルーツを食べて、着替えなど準備をバタバタすませておきました。

まだ真っ暗、ちょっと肌寒かったです。

 

他のホテルからの申し込み者がいて、わたしたちのほか、カップルと家族連れの3組が参加しました。

ダイヤモンドヘッドの入り口まで送ってくれるので、スタートしやすいです。

ザ・バスだと結構手前で降ろされると聞いていたので、初めての方はこういったツアーを申し込んだ方がいいと思います。

 

服装について

服装について書いてるブログがあんまりなかったので、参考までに書いておきます。

わたしは、ちょっと寒そうだったので、日焼け防止のラッシュガードに、ウォーキング用の長袖Tシャツ、ハーフパンツにレギンス、ランニングシューズ、帽子、リュックの組み合わせにしました。

夫は、Tシャツに、ハーフパンツ、ランニングシューズでした。

他の参加者は、屋久島に行くような登山スタイルでした。

バスに乗ってる間は、やっぱり着込んだ方がよかったかな~と心配になってきたんですけど、いざ登山が始まれば、とっても汗をかくので、ラッシュガードを脱いでも暑かったです。

夫のスタイルが正解でした。

実際に現地では、外国人は夫と同じスタイルでした。

かなりラフな感じの服装の人もいました。

動きやすい服装に歩きなれたスニーカーで十分じゃないでしょうか。

帰りに、ホテルに戻らず観光するのであれば、それを考慮したうえでコーディネートした方がいいと思いますけど、結構汗をかくので、一度ホテルに戻って、シャワーを浴びて着替えた方がいいと思います。

 

頂上の景色

f:id:jitakugaitibann:20170824075047j:plain

写真の中央のピンクの建物がロイヤルハワイアンです。

その左後ろがシェラトンです。

早朝でしたが、たくさんの観光客がいました。

わたしのような初心者でもそんなに苦労することなく登れます。

達成感がありますね。

f:id:jitakugaitibann:20170824080037j:plain

7時すぎくらいです。

一時間くらい前は真っ暗だったのに、ここまで明るくなります。

f:id:jitakugaitibann:20170824081410j:plain

ツアーの最後に登山証明書がいただけました。

記念写真をパチリと撮ってもらったり、入口の売店でマグネットを買いました。

帰りのバスからの景色も最高です。

登山の後の出来立てのマラサダがおいしかったです。

運転手さんがお勧めのお店などいろいろ教えてくれるので、初めて行く場合はこういうツアーも盛り込んでいた方がいいですね。

ホテルに着いたのが9時過ぎくらいです。

お部屋に戻って、シャワーを浴びて、クールダウンしました。

次回行くときは

次回行くときは、ツアーではなくJALのトロリーで行こうと思ってます。

JALビジネスクラスだとOALOカードがダイヤモンドヘッドルートも無料なんですよ。

土曜日にダイヤモンドヘッド行って、帰りにKCCファーマーズマーケットによって、フルーツなどを買い込んだり。

そのあと、カハラモールのホールフーズマーケットに行き、食材やエコバックを買って、ランチはデリを食べて。

カイルアのホールフーズマーケットに行ったとき、量り売りのデリを買ったんですけど、すごーくおいしかったです。

毎日これでいいような気がしました。

カハラ地区あたりのコンドミニアムを探そうかな~

カハラと入力すると、華原になってしまいます。

世代なので、懐かしいです。